Cella MASUMI Asia

李白

Rihaku/島根県

History

酒造の歴史

1882年、島根県松江市にて創業。長生、若松などの銘柄の商品を製造していました。現在の「李白」の酒銘は1927年、大正から昭和にかけ二度も総理大臣を経験した島根県松江市出身の若槻礼次郎氏により酒仙李白に因み命名されました。故若槻礼次郎氏は、"詩を愛し酒を愛し"とりわけ松江のお酒、李白を愛されました。

李白は天から島流しされてこの世にやって来た仙人と呼ばれ、"酒中の仙"とみずから称した唐の詩人李白は、あまた中国詩人の中に一番星と輝いた詩人であります。

杜甫は李白のことを「李白一斗詩百篇」(李白は酒を一斗欽んで、詩を百篇書いた)と「飲中八仙」(八人の酒好きの人)の中でうたっています。酒を称えた詩をたくさんつくった李白は、酒を愛する人の気持ちを代弁してくれています。ラベルの李白の字は若槻礼次郎氏の揮毫(きごう)を写したものです。

また、近年では日本酒の普及に努め、1980年代より精力的に海外進出をしております。香港をはじめ、アメリカ、フランス、ドイツ、シンガポール、スイス等、現在約13か国に輸出をしています。

Environment

所在地/自然環境

李白酒造の所在する島根県松江市は今なお城下町の面影が鮮やかに息づく水郷の街です。周辺には山、川、海、湖があり、豊かな自然に育まれた豊富な食材が当出雲地方の食文化を育ててきました。自然に恵まれ、空気も水も美味しい島根の風土は理想の酒米を生み出します。

又、数々の神話が語り継がれている出雲地方では、神々と人々が今なお共存しています。酒造りに関しても古より伝わる数々の文献に出雲地方での酒にまつわる神話が残されており、神話の時代からこの地に酒造りの高度な記述があったことを裏付けていることから、日本酒発祥の地と言われています。

現代でも出雲には640以上の神社が存在しており、中でも全国で唯一無二の酒の神様が祭られている「佐(さ)香(か)神社」では神社内で醸造したどぶろくを奉納する「濁酒(どぶろく)祭(まつり)」が現代に受け継がれています。このように出雲と酒造りは古代より切っても切れない関係にある、古代よりの「酒の国」なのです。

Mission

酒造りのこだわり

弊社では「酒文化を普及し正しく後世に継承する」ことを経営理念とし、丁寧な酒造りはもちろんのこと、そのお酒が人と人、人と料理、器、飲む空間等、すべてを楽しく繋げるためのコミュニケーションツールであることを目指し、酒造りをしています。

味があり、旨味があってキレの良い酒、食中酒としてバランス良く、食事をおいしくさせる酒、そんな酒質を目指し、米は地元の奥出雲地方の酒造好適米・五百万石・神の舞を中心に兵庫県産山田錦などを自家精米し、どのグレードの酒も酒造好適米以外は一切使用しない原料米にこだわった酒造りをしています。

また、伝統は頑固であってはいけません。伝統にも進歩が必要です。地方の食文化は米から造られた地酒を育ててきました。食文化が変貌を遂げようとする今、伝統的、文化的側面を大切にしながら、品質を向上させ、広く世界にも伝藩し、後世に伝承しなければならないと考えています。李白酒造では出雲杜氏の伝統的技術を社員が受け継ぎ、新時代の技術を融合させた色あせることのない製品作りに力を入れています。

Character

代表される酒質

李白酒造は、日本酒が 人と人、料理や器、飲む空間等、すべてを繋げるための最高の縁結びパートナーであってほしいと願い、食事をおいしくさせ、飲み飽きせずにゆっくりと飲める酒であることを目標としています。食事や会話の邪魔をしない、穏やかで落ち着きのある香り、食事をおいしくさせる旨味やコクのある深い味わい、ついつい飲んでしまうスッキリとした後キレ、そんな酒質を目指し酒造りを行っております。


PAGE TOP