Cella MASUMI Asia

手取川

Tedorigawa/石川県

History

蔵の歴史

山島村における酒造りの歴史は明治以前からといわれています。当社は明治3年より酒造りを創業しました。

手取川の水質及び伏流水が抜群に良質であること、生産されるお米が良質であり入手が手近に出来ること、空気が清澄であること、農閑期の労働力が求めやすいこと等により、明治の終わりから大正時代にかけて一時期、山島村13箇村に10数件の造り酒屋が存在し、遠く県外にまで酒を出荷し山島酒、手取酒として名声を博した時代があります。

しかし、それも大正後期の大恐慌の中で廃業する酒屋が相次ぎ、昭和10年頃には当社1社を残すのみとなりました。

その後、酒造りの省力化のために、道具的機械化、許される限りのコンピュータ制御をやむを得ず行いました。しかし基本的には手作りで、伝統技術の伝承と高付加価値商品の製造で、「日本酒」のイメージアップと啓蒙に努力していきたいと考えています。現在、従来の酒蔵を二場に分割し、山本蔵(山本輝幸杜氏)、吉田蔵(吉田行成杜氏)として二場制度にし、技術の伝承と後継者育成に努めております。

Environment

所在地/自然環境

霊峰白山を源に、手取川が現在もとうとうと流れています。かつて暴れ川の異名をとった手取川ですが肥沃な扇状地加賀平野を生み出し、秋には豊かな実りをもたらしてくれます。

かつて戦国時代には約1世紀にわたって一向宗門徒が国を治めた四万石の城下町でした。今は、石碑のみが当時の栄華を偲ばせてくれます。

当社の酒造場は手取川扇状地のほぼ中央に位置し、現在は静かな田園地帯です。霊峰白山を望み、純良な空気と純粋な水で仕込みができるという恵まれた環境にあります。仕込水には手取川の伏流水を使用しています。鉄分もなく、硬度は旧ドイツ硬度で4~5の中硬水です。近年は酒造場近くの涌水やピュアウォーター(逆浸透膜)を用いた純水を各商品別、出荷期間別に応じてブレンドした水を仕込水として利用しています。ちなみに現在の手取川の伏流水は、地質学者によると70年から100年前のものと推定されています。

Mission

酒造りのこだわり

当社では手造りで高品質の酒造りを目指しています。他社に先駆けて昭和60年には全製品本醸造以上の特定名称酒化を実現しました。また、平成19年からはすべての原料米を酒造好適米としました。さらに地元での原料米の契約栽培化を推し進め、地元に密着した酒造りの「テロワール」※化を推進中です。また全造りの60%は大吟醸または純米大吟醸となっています。

当社は、酒類総合研究所が主催する全国新酒鑑評会においても昭和48年以来通算18回金賞受賞しています。また英国にて開催された平成21年IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)純米酒部門で山廃仕込み純米酒が、最優秀純米酒としてトロフィーを受賞しました。

※テロワール

テロワール(Terroir)とは、「土地」を意味するフランス語terreから派生した言葉である。もともとはワイン、コーヒー、茶などの品種における生育地の地理、地勢、気候による特徴をさすフランス語である。 同じ地域の農地は土壌、気候、地形、農業技術が共通するため、作物にその土地特有の性格を与える。当社では「地元の風土で、地元の水を使用し、地元で取れた米で酒を造る」と言う日本酒における「テロワール化」を推進しているものである。

Character

代表される酒質

以前、土井酒造さんにお伺いしました。その際に土井社長から、次の様な話しをお聴きしました。

「私は、1本の酒にどれだけ思いを込められるかという事に生きがいを感じています。今年は昨年以上にこうしようと、考えるのが楽しみなのです」

感銘を受けました。私も1本の酒にどれだけ思いを込められるかに挑戦いたします(勿論、さりげなくですが)

① 違いの判る大人に喜ばれる酒

人生の折り返し点を過ぎ、どうせ飲むなら、美味しい酒を、楽しい人達と、美味しい料理を頂きながらと望む、「大人」に喜ばれる酒を値頃感のある価格で提供します。
その為に、A.高品質酒造りは当然ですが、それ以外にB.安心安全の徹底、C.多少の希少価値性 、D.値頃感の4点を満たす酒を目指します。

② 中酒として美味しい酒

料理より一歩引いたところで、酒の有る楽しい食生活を演出できる酒を目指します。お燗酒では香ばしい米の香、吟醸酒ではほのかなリンゴの様な香という「奥ゆかしい香」の酒を目指します。


PAGE TOP